男女

一生身に付ける結婚指輪|愛の証ラブリング

指輪に求めるもの

カップル

他の指輪とは違う

結婚指輪は入籍に伴って夫婦が身につける指輪です。カジュアルな指輪とは異なり冠婚葬祭の席のようにフォーマルな場所でもつけられる点が特徴的です。一般的に女性の結婚指輪にはダイヤモンドが取り付けられたものを選びます。ダイヤモンドは宝石の中でも硬度が高く、壊れない二人の愛を象徴するのです。しかし特定の宝石をつける決まりはありませんので、結婚指輪には誕生石や夫婦の所有しているものなど多様な種類の宝石をあしらう事が可能です。また結婚指輪のアーム部分もゴールドからシルバーまで多様な色の種類がありますので、宝石は夫婦の好みの合わせて選べるのです。購入する結婚指輪を決める上で最も重要になるのが宝石をあしらうデザインです。立て爪タイプから埋め込みタイプまでデザインと機能性が魅力的なものを買うのが一般的です。

多面的な魅力

人間にとって結婚は人生の大きな転機であり、特に女性からすれば社会的に羨ましがられる「ゴール」でもあります。結婚指輪はそうした幸福の象徴的アイテムであると同時に、夫妻の経済力を表すものでもあるのです。そのためゴージャスな結婚指輪は男女共に羨望の的となります。また女性にとってアクセサリーはクリスマスや誕生日に男性から贈られたいアイテムでもあるため、生涯に渡ってつけ続ける結婚指輪は魅力的なのです。デザインもフォーマルなものだけでなく日常生活で身につけやすいカジュアルな結婚指輪が販売されています。何より結婚指輪は既婚者を象徴するものですから、夫婦の浮気防止にも繋がります。一目見て既婚者である事が分かれば近寄って来る男女も減るのです。